夫婦の趣味 嫁:作ること

15分で作れる!抱っこひもよたれカバー(プラスナ使用♪)

投稿日:

昨日の話。
来週は二回目の予防接種!なのに天気予報は雨……
どうしよう。ベビーカー使えない……そんななかわが子の首がすわったようです!
となったらこれしかないでしょ!抱っこ紐。さっそく試してみました。
抱っこ紐は頂き物の肩紐タイプが一つあったのですが、もう一つ両親から腰ベルトタイプのものをもらったのでそちらでいこうかと思います。
しかし、最近とにかくだっこすると胸元をべろべろになめまくるわが子。確実に抱っこ紐ベルトもなめるはず……そしてマルキョウはせっかちなので、思い立ったらすぐ試したい!ということで抱っこ紐のよだれカバーをさくっと作ってみました~
完成品がこちら!なぜ色違いかって?これはもともとふ古着屋で色違い5枚入り200円で買ったハンドタオル(お中元のかたおち品)。なにか手芸に使えそうだと思ってかってとっておいたのをそのまま使いました。まあ、どうせ汚されるし気にしない!(いずれかわいいの作る……かもしれません;むしろ買うかも?)
こちら、ハンドタオルにプラスチックスナップというものをつけているだけ!通称プラスナ。ベビー服には大体ついているスナップボタンです。プラ製だから洗濯してもさびないし、弱い力でもつけられてしっかり固定できます!
……あ、そうか。まえ予告だけしておいてレビューしてなかったハンクラ用品を使っております。
KIYOHARA プラスナップ専用ハンディプレス SUN15-56amazonリンクです)という商品です。正直、めっちゃ簡単な器具です。
やり方は簡単。ここをとめたいなーと思う場所に目打ち(千枚通しですね。私は100均でかいました)で布に穴を開けます。かなり深めにさしておっけーです。むしろ深くささないと穴を見失います;このとき布を重ねて一気に二個穴をあけておくとやりやすいです。
そして、穴にスナップボタンをはめて(表がヘッド×バネ、裏がヘッド×ゲンコという、二つのパーツをはめます。意外とこの段階でしっかり固定されてます)、ハンディプレスでしっかりおさえつける(あんまり力はいらない)だけ。
穴ブスー→ボタンぽちっとはめて→プレス機でぎゅっと押す。
これだけでスナップボタンがつきます!なんて簡単!
……いえ実際、思い返してみてください。布と布をつけたりはずしたりできるようにする際の手間を。
ボタンをつけるのにも針と糸がいるうえに、ボタンホール(これ作ったことないです;)を作らないといけない。マジックテープは生地が硬いのでかなりしっかり縫わないと付かない(アイロン圧着はとれやすい)。金属スナップは比較的簡単だけどやはり縫い付けないとつかないし、先述のとおり付け心地が硬いので布が伸びてくる……
それにくらべれば簡単!さらに失敗しても布にちょこっとした穴が残るだけだからダメージ少ない!
ということで、このカバーもタオルを適当にベルトにまきつけて、ここだ!ってところに穴ブスーしてぎゅっと押してつけただけです。タオル自体の形は変わってないので普通に使えるようになってます。
プラスナ便利ですよーそんなしょっちゅう使うものでもないですが、あると非常に助かる場面がでてきます。

広告

  • この記事を書いた人

マルキョウ

福岡在住。三歳男児子育て中の主婦です。賃貸住まい。 10年くらい前から統合失調症で通院中。お薬毎日飲んでるから普通に元気。月三冊はkindle書籍を買って読むレベルの読書好き。 漫画は心の栄養分です!天井まである漫画棚の底がそろそろ抜けそう。島本和彦漫画をこよなく愛する。 夫は結婚後新卒で入った会社でうつ病発症、「うつは甘え」発言で退職のコンボくらった過去をもつ。今は普通に正社員やってます。4歳から、重度のガンダム好き。今日もガンプラ積んでます。

-夫婦の趣味, 嫁:作ること

Copyright© サク読みブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.